五反田行政書士事務所
 建設業許可とは
経営事項審査とは 
宅地建物取引業免許とは
産業廃棄物業許可とは

産業廃棄物


 廃棄物とは、人間の生活活動に伴って生じるごみなどの汚物または不要物であって、固形状または

 液状のもの(放射性物質およびこれによって汚染された物を除く)をいいます。

 廃棄物は一般廃棄物と産業廃棄物に区分されています。

 産業廃棄物とは、事業活動に伴って生じ排出される廃棄物をいい、この産業廃棄物以外の廃棄物

 を一般廃棄物といいます。

 産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性その他の人の健康または生活環境に係る被害を生ずる

 おそれがある性状を有する廃棄物を特別管理産業廃棄物といいます。 例えば、病院等から生ずる

 感染性廃棄物、廃PCBは、特別管理産業廃棄物に分類されます。



●産業廃棄物処理業


 産業廃棄物処理業と言われるものは、大きく分けて収集運搬と処分の2種類があります。


 ①産業廃棄物収集運搬業

  収集運搬とは、産業廃棄物の排出者から産業廃棄物を収集して、処分場まで産業廃棄物を運搬

  することです。


 ②産業廃棄物処分業

  処分とは、産業廃棄物の最終処分(埋立処分および海洋投入処分)および中間処理のことです。

  産業廃棄物の処分を業として行おうとする者は、当該業を行おうとする区域を管轄する都道府県

  知事(または政令市等)の許可を受けなければなりません。



●産業廃棄物収集運搬業許可を受けるための要件

 産業廃棄物収集運搬業の許可を受けるためには、下記の要件を満たさなければなりません。


 <申請者(個人、法人)に関するもの>

  申請者(個人事業者や法人代表者等)が、厚生労働大臣が認定する講習会(処理業の種類ごと

  に講習会の内容が異なる。)修了者であることが必要です。また、申請者が、処理業を的確、

  かつ、継続的に行う経理的基礎を有することが必要です。さらに、申請者(個人事業者や法人

  代表者等)が、成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの、禁固以上の刑

  に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者など

  ではないことが必要です。


 <施設(運搬、処分施設)に関するもの>

  産業廃棄物が飛散し、及び流出し、並びに悪臭が漏れるおそれのない運搬車、運搬船、運搬

  容器その他の運搬施設を有することが必要です。

  また、産業廃棄物の種類に応じ、その処分に適する処理施設を有することが必要です。


 ★産業廃棄物収集運搬業等の許可は必要書類も多く、そして解りづらいため、多くの時間

  と手間を取られてしまいます。そのような時間と手間を最小限にして、素早く事業を開始し

  たいとお考えの方は是非、行政書士にお任せ下さい。そして、本来の業務に大切な時間

  を使ってください。面倒な役所への手続きは全て当事務所が行います。

  打ち合わせには、お客様の事業所まで伺います。

  複数の自治体へ申請する場合も迅速に対応します。複数自治体への申請料金については、

  1件につき50%(報酬額表記載料金の半額)の料金にて承ります。

  当事務所への報酬については、お申し込みの前に説明しご確認していただきますので、

  安心してお任せください。


  
  お問い合わせはこちら お問合せ

電話:03-3879-5207   mail:gotanda1110@office-gotanda.com
ホーム各種許可申請遺言・相続事務所詳細
産廃許可

産業廃棄物許可のお問い合わせはこちら お問合せ